IAMAS20 広報担当

CALCULATED IMAGINATION IAMASが発信するメディアアート展

展示会ウェブサイト:http://www.iamas.ac.jp/20th/

時期

2017年2月〜3月

背景/気づき

  • 当時所属していた 岐阜県立 情報科学芸術大学院大学 が、東京・原宿のラフォーレミュージアム原宿にて開学20周年記念の展示会を行うことになった。
  • 岐阜県立の、岐阜県大垣市にある学校でありながら、東京を含め国内で特殊な存在感を示しているIAMASにとって、その卒業生や作品が東京のど真ん中、若者の街・原宿に一堂に会する機会を得られたことは、IAMASが更に存在感を強め、受験生を増やしたり研究活動を広げたりするために非常に大きなチャンスであり、当然広報活動も非常に重要な立ち位置を占めていた。
  • 広告会社出身であるため広報活動についてそれなりに知識があること、 イアマ速報 や オホーツク島 などで発信の実績について職員から認知されていたこと、またIAMAS職員だけではリソース不足で十分な広報活動ができないことなどから、学校側から展示会において主にWeb上での広報活動を手伝ってもらえないか、という打診があった。

仮説

  • 実際に足を運んでもらい、できればIAMAS関係者とコミュニケーションを取ってもらうため、オフィシャルなアナウンスを行うだけでなく、特にIAMASに興味・関心を持ちそうな層(テクノロジーを含めたアート表現や研究に強い関心を持つ大人)や持ってほしい層(そこまで詳しくはないが、IAMASや近しい領域に関心を持つ若者)とできるだけコミュニケーションを発生させる広報活動を行うことが望ましいのではないか。

アイデア

公式アカウントでありながら、「学生のさのです!」と名前を出して少しくだけた発信を行うことで、読み流されない広報活動を進め、できるだけ閲覧者からの興味を引く。

使用したメディア

  • facebookページ
  • Twitter

制作

under construction…

結果

[ Make Value ] 

under construction…

[ Make Capital ]

under construction…

[ Make Culture ]

under construction…